結婚内祝いの常識|感謝の気持ちを込めて敬老の日に贈り物を渡す
プレゼント

感謝の気持ちを込めて敬老の日に贈り物を渡す

結婚内祝いの常識

ギフト

結婚内祝いのタイミング

結婚祝いをもらったら、結婚内祝いを渡すのが常識です。では実際に渡すタイミングいつが良いのでしょうか。結婚内祝いは結婚式が終わったら出来るだけ1ヵ月以内に渡す様にしましょう。直接手渡しで渡した方が良いですが、遠方の場合はお礼の手紙と一緒に送ると良いでしょう。結婚祝いを渡した事さえ忘れるくらい遅い時期に渡すのは失礼にあたるので注意が必要です。また、結婚式のバタバタで、結婚祝いをもらった事を忘れてしまうと行けないので、リストを作り、しっかりノートなどに金額ともらった人の名前を書いておきましょう。そうする事で結婚内祝いを渡すのを忘れてしまう心配がありません。しっかりと、結婚祝いを頂いた感謝の気持を伝える事で、今後もより良い関係を築く事が出来るでしょう。

相手の事を考えて選ぼう

結婚祝いのお返しを渡す際は、相手にどんなものを選べば喜ばれるのかしっかり考えましょう。相手が不要なものを渡しても意味がありません。せっかく結婚内祝いを渡すのですから、是非相手が喜んで受け取ってくれる様なものを選びましょう。その際の金額は半返しまたは3分の1程度になりますが、結婚内祝いとしてふさわしくないものもあります。刃物や割れものは結婚内祝いとしては良くないものとされています。その為、それらを避けて選ぶと良いでしょう。最近では金額に応じたカタログギフトなども人気になっていますが、渡す相手によって品物を変えると良いでしょう。親戚などはお菓子を選んだり、お子様がいる家庭では子供が好きそうなお菓子やジュースなど選ぶと喜ばれるでしょう。結婚祝いのお返しは是非、相手の好みのものを渡しましょう。