贈り物

感謝の気持ちを込めて敬老の日に贈り物を渡す

結婚内祝いの常識

ギフト

結婚祝いのお返しを渡す際も色々常識があります。これからもお世話になっていく人達ですから、感謝の気持ちを込めて結婚内祝いを贈りましょう。これにはルールがあり、なるべく式が終わってから1ヵ月以内にお返しする必要があります。

Read

祖父母へ感謝の贈り物を

ガール

時期になると特設売り場も

お父さんとお母さんにプレゼントを贈ったり感謝の気持ちを伝える日として、「母の日」と「父の日」はたくさんの方に認知されていますよね。しかしその一方で「敬老の日」を、おじいちゃんやおばあちゃんへ気持ちを伝える日として毎年意識している方は意外に少ないのではないでしょうか。でもふだんなかなか会えない存在だからこそ、敬老の日にはおじいちゃんとおばあちゃんに気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。実は時期になると、多くのショッピングセンターやネットショップなどでは、敬老の日の特設コーナーなどが設けられています。高齢のおじいちゃんやおばあちゃんに喜んでもらえるギフト商品が一堂にそろっていますので、敬老の日のギフトを贈るならぜひ特設コーナーをチェックするとよいでしょう。

お手紙を添えて

敬老の日のギフトとして人気が高いのは、スイーツやお茶などの食品や、パジャマ、箸、お花などでしょうか。中でも、スイーツは喜ばれることが多いようです。和菓子、洋菓子といろいろな種類のものがありますので、おじいちゃんやおばあちゃんのふだんの好みをチェックしておいて、好きそうなものを贈ってあげると喜ばれるでしょう。また、普段からお酒を飲むという方にはお酒を贈るのも喜ばれます。おじいちゃんやおばあちゃんとしては、かわいい孫からの贈り物ならどんなものでも喜んでくれるでしょうが、敬老の日のギフトにはぜひお手紙も添えましょう。普段なかなか手紙を書く機会もありませんので、敬老の日という絶好のチャンスを生かして心を込めたお手紙をギフトに添えるとよいでしょう。

現代風のギフトの選び方

カタログ

冠婚葬祭やお中元、お歳暮等で送る相手に喜んでもらえるものを送りたいと考えても物質的にあり余るものに囲まれて暮らし、ライフスタイルが多様化しているので、カタログギフトはもらった側に好きなものを選んでもらう方法が現代風の流行りとして今後も増えていくと予想されています。

Read

お父さんはビジネスグッズ

花

父の日というのは母の日よりも贈るのが照れくさいことから認知度が低いですが、男性であるお父さんであればビジネスグッズをギフトにすることで喜んで使ってもらうことができオリジナルにすればさらに喜ぶはずです。

Read